Business model of success設備内容と立地条件で選ぶならレンタルオフィス!

自身のビジネスモデルにあった、設備内容と立地条件などを考慮して契約することが必要となります。

24時間利用できるレンタルオフィス

レンタルオフィスは24時間利用できる業者もあります。深夜営業や残業が多い会社にはおすすめです。

また、少人数でも借りることができるので、SOHOやフリーランス、ベンチャー企業や士業と呼ばれる職種の方にも利用がしやすいでしょう。本社としてではなく営業所として活用している企業もあるようです。

レンタルオフィスを探す時は、サービス面や費用、立地条件を重視すると良いでしょう。費用は共有スペースがあるので、共益費がかかる場合や光熱費やインターネットなどの電話回線使用料が別で請求される場合もあります。

その他の無料と有料のサービス内容も確認が必要になります。